クリニック案内

院長ごあいさつ

院長写真

当院は消化器内視鏡を専門とし、正確かつ安全な内視鏡検査、治療を行います。江別市立病院、KKR札幌医療センターでは、年間約1,500件の内視鏡検査と胃癌、大腸癌に対する内視鏡的手術を含む年間約100例の内視鏡的治療を経験して参りました。
これらの経験を生かし、苦痛の少ない安全で正確な内視鏡検査をめざしています。
肝、胆、膵の診療はもちろんのこと、循環器内科専門医、呼吸器内科専門医とも連携しており、地域に根ざした総合内科としての医療をおこないます。
紹介の必要な患者様には、勤務医時代に培った江別市内、札幌市内の主なる病院との強い連携を生かし、最適な病院をご紹介いたします。

今後とも当院をご利用いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


院長経歴

  • 三浦 淳彦(昭和37年8月25日生まれ)
  • 昭和62年 北海道大学医学部卒業
  • 昭和62年 砂川市立病院、岩見沢市立総合病院などで研修
  • 平成3年  北海道大学医学部第一内科
  • 平成7年  江別市立病院消化器内科部長
  • 平成13年 KKR札幌医療センター 消化器内科医長
  • 平成22年 KKR札幌医療センター 消化器内科部長
  • 平成26年 大麻内視鏡・内科クリニック開設

所属学会、専門医など

  • 消化器病学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医
  • 内科認定医